骨盤矯正は効果があるの?メリットデメリットを紹介

「骨盤矯正は、本当に効果があるの?」

「骨盤矯正のデメリットって何だろう?」

骨盤矯正に興味があるものの、効果やメリットについて、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、骨盤矯正のメリット、デメリットを具体的に紹介します。

記事を読めば、骨盤矯正を上手く活用する方法が分かりますよ。

目次

骨盤矯正は様々な効果あり

骨盤矯正で様々な効果が期待できます。

骨盤矯正は日常生活や出産により、歪んだ骨盤を元の位置に戻し、体のバランスを整える施術。

肩こりなどの不調の改善や、美容・ダイエットなどの効果もあります。

しかしメリットだけでなく、デメリットも理解したうえで、骨盤矯正の施術を受けないと、効果が実感できない、期待はずれになってしまうリスクもあります。

次の章からは、骨盤矯正のデメリットとメリットを紹介しますね。

骨盤矯正のデメリット3選

骨盤矯正を受けるうえで、事前に知っておいたほうがよいデメリットは

  • 自分にあった良い治療院の選択が必須
  • 継続的な通院が必要
  • 費用がかかる

の3つ。

一つずつ説明します。

デメリット①:自分にあった良い治療院の選択が必須

骨盤矯正は、「医学用語」ではなく、民間療法の一つ。

各治療院で内容が異なります。

中には施術者の技術力が低く、骨盤矯正の施術をしても、効果が感じられない場合もあるため、治療院選びには注意が必要です。

自分にあった良い治療院を選ぶには、次の6つのポイントを押さえましょう。

  • 自分の目的を明確にし、目的に合った整骨院である
  • ホームページで施術者や料金などが明記されている
  • 口コミ、評判が良い
  • 施術方針や計画を丁寧に説明してくれる
  • 施術が自分に適している、効果が感じられる
  • 院内が清潔で通いやすい

事前にホームページなどで調べてから、治療院を選びましょう。

LINE等で無料相談を行っている治療院も多いので、相談してみるのがおすすめ。

そして実際に骨盤矯正を受けてみて、骨盤矯正や施術者が自分に合うかどうかをチェックできると、安心ですね。

治療院では、初回のお試し価格など、骨盤矯正の体験がしやすいメニューがあるので、利用してみるとよいでしょう。

特に通院の目的を明確にしましょう。

各治療院で施術メニューや得意分野も異なります。

  • 肩こりなどの不調を改善したいのか
  • 美容やダイエットをしたいのか
  • 筋トレなど健康的な身体つくりもしたいのか
  • 産後の不調を改善したいのか
  • 女性の施術者がいいのか

など、目的を具体的にすると、自分にあった治療院を選びやすいです。

口コミを見る時は、自分と同じ治療目的の口コミをチェックすると良いでしょう。

骨盤矯正の通院の目的が具体的で、実績のある治療院だと効果を実感しやすくなります。

詳しくは「良い整骨院の見分け方は?選ぶ際のポイント6つを解説!」を合わせてご覧ください。

デメリット②:継続的な通院が必要

骨盤は長年かけて歪んでいるため、徐々に正しい位置に戻していきます。

1回の施術で無理に歪みを治そうとすると、体に負担がかかり悪化するリスクも。

このため継続的な通院が必要で、時間がかかります。

正しい骨盤の位置に戻り、効果が定着するには、目安として2ヶ月~3ヶ月間で計7回程度の施術が必要。

産後の骨盤矯正は、およそ3ヶ月間で8~16回です。

継続的に通院するので、

  • 駅に近いなどアクセスが良い
  • 土日や平日の夜遅くまで営業している
  • キッズルームがある

など、通いやすい治療院を選びましょう。

デメリット③:費用がかかる

骨盤矯正の料金は、保険適用にはならず自費になります。

目安としては、60分(施術+カウンセリング)で7,000円~10,000円程度。

通院前にホームページで料金を確認しましょう。

会員価格や回数券など、継続的に通いやすい価格設定もあります。

通院期間や費用は、症状や目的など個人により違います。

施術者と相談し、無理のない範囲で施術計画を決めましょう。

詳しくは「骨盤矯正は何回くらいで効果がでるの?通院の目安やメリットについて解説!」を合わせてご覧ください。

骨盤矯正のメリット6選!期待できる効果とは?

骨盤矯正で歪みを整えると、様々なメリットが期待できます。

主なメリットは

  • 肩こり、腰痛等の解消
  • 生理痛、むくみの改善
  • スタイルの改善
  • 美肌やダイエット
  • 精神面にもプラス
  • 産後の不調の緩和

の6つ。

順に説明しますね。

メリット①:肩こり、腰痛等の解消

骨盤の歪みが改善され、正しい位置に戻ると体の一部に偏っていた負担が軽減されます。

  • 肩や首こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • 股関節痛

など慢性的な体の痛みが解消されます。

メリット②:生理痛やむくみの改善

骨盤の歪みが改善すると、子宮の歪みも治り、機能が回復。

生理痛や生理不順の改善が期待されます。

また骨盤まわりの筋肉のコリがほぐれ、血行が良くなり、冷えやむくみの解消も期待できますよ。

メリット③:スタイルの改善

骨盤矯正により、正しい姿勢になり、全身のバランスが整います。

  • 猫背や反り腰の改善
  • 肩や足の左右差の解消
  • ウエストのサイズダウン
  • ヒップアップ
  • O脚、X脚の改善

などスタイルの改善が期待できます。

メリット④:美肌やダイエット

骨盤の歪みを解消すると、内臓の圧迫や血流も改善され、代謝が良くなります。

新陳代謝が促進され、肌にハリが出てきて美肌の効果が期待できます。

また筋肉のコリをほぐすため、体が動きやすくなり、運動で消費するカロリーが増加。

太りにくく痩せやすい体質になり、ダイエット効果も期待できます。

メリット⑤:精神面にもプラス

骨盤矯正により体の不調が解消し、自律神経のバランスが整います。

  • 不眠が治り、質の良い睡眠がとれる
  • 疲労回復が早まる
  • イライラが解消し、精神的に安定する
  • 集中力アップ

など精神面でもプラスのメリットが期待できます。

メリット⑥:産後の不調の緩和

緩んだ骨盤が矯正され

  • 産前の体型に戻った
  • 大きいお尻やぽっこりお腹の解消
  • 尿漏れの解消
  • 妊娠しやすい体

など、健康的な体づくりにつながりますよ。

骨盤矯正の効果を高めるために気をつけたいポイント2点

「骨盤矯正を受けても、効果が継続しないのでは?」と心配に思う方もいるかもしれません。

施術後に骨盤矯正の効果を高めるには

  • 施術直後はリラックスして過ごす
  • 日常生活では正しい姿勢の習慣化

の2点が大切。

具体的に紹介しますね。

ポイント①:施術直後はリラックスして過ごす

骨盤矯正の施術直後は、

  • 水分を十分に摂る
  • アルコール、カフェインを控える
  • 激しい運動は避け、軽い運動を行う
  • 長時間の入浴は控える
  • 十分な睡眠をとる

以上の点を意識しましょう。

また骨盤矯正後、だるさや頭痛など好転反応が出る方もいます。

好転反応は、歪んだ状態から体が良くなる、本来の状態に回復する過程で起こる反応。

一時的な症状なので、心配する必要はありません。

骨盤矯正の後は、体を休め、心身ともにゆっくり過ごしましょう。

ポイント②:日常生活では正しい姿勢の習慣化

骨盤矯正をしても、今までと同じ生活や姿勢のままだと、歪んだ状態に戻ってしまいます。

施術後は、いつもより正しい姿勢を意識してみましょう。

また日常生活で運動、ストレッチをする習慣をつけましょう。

運動し体を動かすことで、筋肉が鍛えられ、血流が良くなります。

ストレッチにより、筋肉を伸ばし、関節の柔軟性を保てます。

筋肉があると、正しい姿勢を維持し、歪みにくい体になりますよ。

骨盤矯正には多くのメリットがあります。

しかし1回の施術で、全ての不調が劇的に改善しません。

なぜなら体の歪みは、長年の生活習慣で起きたものだからです。

継続的な施術を受けながら、日常生活でも良い姿勢を維持し、骨盤が歪まないよう習慣化することが重要です。

体が徐々に健康的に美しく変化し、骨盤矯正の効果を実感できるでしょう。

骨盤矯正がおすすめな人

骨盤矯正は、

  • 肩こりや腰痛など体の不調を解消したい人
  • 美容やダイエットをしたい人
  • 産後の不調を改善をしたい人

におすすめです。

不調が悪化する前に、早めに専門家に診てもらい、改善したほうが、結果的に時間や費用が少なくて済みます。

上記にあてはまる方は、自分にあった良い治療院を選び、まず相談してみると良いでしょう。

まとめ:骨盤矯正は効果あり!メリットデメリットを理解の上で活用しよう

骨盤矯正には不調改善や美容など、様々なメリットがあります。

時間や費用がかかるデメリットを理解したうえで、骨盤矯正を活用しましょう。

骨盤矯正で効果を得るには、良い治療院選びが必須。

がじゅまる鍼灸整骨院は、実績数、口コミ数ともに良く、信頼のできる治療院です。

お客様とのコミュニケーションを重視。

一人一人の目的にあったオーダーメイドの施術を行い、目標達成をサポートします。

LINE登録で無料相談ができますので、「がじゅまる鍼灸整骨院」まで、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次