ぎっくり腰が治らない原因と対策を現役の整体師が解説!

「ぎっくり腰が治らない原因は何だろう?」

「ぎっくり腰の再発を繰り返してしまう。」

ぎっくり腰の痛みが治らず、悩む人も多いでしょう。

今回は、ぎっくり腰が治らない原因と対処法を解説します。

記事を読めば、ぎっくり腰の痛みの原因と治し方のポイントが分かりますよ。

目次

ぎっくり腰が治らない2つの原因

ぎっくり腰は「急性腰痛症」と呼ばれます。

急激な腰の痛みが起き、しばらくは動けないほど痛みますが、10日ほどで回復。

しかし2~3週間以上たっても治らない場合や、治っても再発を繰り返す場合は、次の原因が考えられます。

  • 別の病気の可能性があるため
  • 根本的な改善がされていないから

の2つ。

具体的に解説しますね。

原因①:別の病気の可能性があるため

ぎっくり腰は、数日から10日ほどで痛みは治まり、回復します。

しかし、2~3週間を過ぎても痛みが治らず、次のような症状を伴う場合は、病気の可能性があります。

  • ぎっくり腰が治らず、何度も再発する
  • 脚に痺れや脱力があり、歩くのが難しい
  • じっとしていても、腰が痛い
  • 発熱、嘔吐、血尿などがある

疑いのある病気として、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど、整形外科での治療が必要な疾患があります。

また、内臓の病気の場合もありますので、早期に整形外科やかかりつけ医など病院を受診しましょう。

特に「じっとしていても、腰が痛い」場合などは、重篤な病気が隠れている可能性が高いので、迅速な対応が必要です。

詳しくは「じっとしてても腰が痛い時は要注意!腰痛の原因や症状を解説」 を合わせてご覧ください。

原因②:根本的な改善がされていないから

ぎっくり腰が治らない原因は、根本的な改善がされていないからです。

ぎっくり腰は、腰への負担が主な原因と考えられています。

他にもぎっくり腰の原因はあり、人によって対処法は様々。

ぎっくり腰を治すには、痛みの原因を特定し、根本的な改善が必要です。

次の章からは、ぎっくり腰が起こる原因と対処法を解説しますね。

ぎっくり腰はなぜ起こるの?

ぎっくり腰の主な原因は、腰への負担です。

重い荷物を持ち上げたり、スポーツで体をひねった時など、腰へ強い負荷がかかると、ぎっくり腰になります。

また日頃から腰へ負担がかかり、慢性的に疲労が溜まっている場合も、軽い動作でぎっくり腰に。

例えば、前かがみの姿勢になった時、くしゃみをした時など、些細な日常の動作で発生します。

心身の不調も、ぎっくり腰の原因になりますよ。

具体的には

  • 睡眠や栄養不足で疲れが溜まっている
  • 運動不足で筋肉が硬くなっている
  • ストレスで筋肉が緊張し、痛みを感じやすい状態になっている

など。

また椎間板ヘルニアなど重篤な病気も、ぎっくり腰の原因になります。

ぎっくり腰の原因は人によって異なるため、それぞれの症状に合わせた対策が重要です。

ぎっくり腰のセルフケア2つ!注意点も解説

ぎっくり腰になってしまった時は、次のセルフケアを行いましょう。

  • 発症直後は安静にし、痛みを落ち着かせる
  • 痛みが落ち着いたら、徐々に体を動かす

注意点も合わせて解説しますね。

セルフケア①:発症直後は安静にし、痛みを落ち着かせる

ぎっくり腰になった翌日までは、患部に炎症が起き、強い痛みが出ます。

無理せず安静にし、痛みを落ち着かせるようにしましょう。

寝る時は、横向きになり膝を軽く抱えて腰を丸める姿勢にすると、痛みの緩和が期待できます。

痛みを和らげるために

  • 痛みのある部分に湿布薬を貼る
  • 鎮静剤を服用する
  • 動くときはコルセットをして、腰の負担を軽減する

などが効果的です。

なお注意点が2点あります。

一つ目は湿布薬は、炎症がある場合は、冷湿布がよいでしょう。

冷やすことで炎症が軽減し、痛みが落ち着きます。

ただし温湿布のほうが痛みが治まる方もいるので、心配な方は早めに病院や整体・整骨院などの専門家に相談しましょう。

2つ目は薬やコルセットの長期使用は、副作用や筋力が衰えるリスクがある点です。

薬やコルセットは、痛みが落ち着くまでの使用にするとよいでしょう。

セルフケア②:痛みが落ち着いたら、徐々に体を動かす

3日ほどで激しい痛みは落ち着いてきますので、無理のない範囲で、普段通りの生活を心がけましょう。

次にストレッチや運動など徐々に身体を動かして、炎症で硬くなった腰の筋肉や関節をほぐしましょう。

早く治るとともに、慢性化の防止になります。

注意点として、ストレッチや運動により、腰の痛みが再発する場合があります。

専門家の指導の下に行うと、早く改善するでしょう。

対応が不適切だと、ぎっくり腰が治らない原因につながります。

適切な対応を自分で行うとともに、できるだけ早めに専門家に診てもらうとよいでしょう。

専門家による、ぎっくり腰への2つの対処法

ぎっくり腰が2~3週間を過ぎても治らない場合は、専門家に相談しましょう。

なぜなら病気が原因で治療が必要なケースや、ぎっくり腰が慢性化し根本的な改善が必要なケースがあるからです。

専門家による対処法は

  • 病院で検査、治療をする
  • 整体・整骨院で施術をうける

の2つ。

それぞれ説明しますね。

対処法①:病院で検査、治療をする

病院では医師による診察をし、エックス線やMRIによる画像検査等の後、治療となります。

ぎっくり腰が治らない原因が、病気の場合は、病気の治療を。

病気ではない場合は、湿布薬や飲み薬が処方され、痛みが強い時は、注射も行われます。

対処法②:整体・整骨院で施術をうける

ぎっくり腰の原因が病気ではなく、病院で治らない場合は、整体・整骨院に相談してみましょう。

整体・整骨院では、ぎっくり腰の原因をつきとめ、改善するための施術を実施します。

施術の例としては

  • 整体により、ぎっくり腰によって崩れた筋肉や骨格のバランスを整える
  • 電気や温熱の治療器などを使った物理療法を行い、筋肉の緊張やコリをとり、自然治癒力を高めて、痛みの改善を図る
  • 筋トレやストレッチを行い、低下した筋肉を鍛え、柔らかくする
  • 食事指導や運動指導など、生活習慣の改善をサポートする

など。

ぎっくり腰が治らない原因は様々です。

整体・整骨院では、それぞれの症状にあった対策を行い、根本的に改善するとともに、再発しない体つくりをサポートします。

ただし、整体・整骨院は治療内容が異なるため、自分にあった技術力のある治療院を選びましょう。

詳しくは「良い整骨院の見分け方は?選ぶ際のポイント6つを解説!」を合わせてご覧ください。

ぎっくり腰を繰り返さないためのポイント

ぎっくり腰を経験すると、1年間で約1/4の患者さんが再発するといわれてます。

ぎっくり腰が再発し、突然の痛みに襲われるのは、不安ですよね。

再発しないよう、次のポイントを意識しましょう。

  • 腰に負担をかけないよう、正しい姿勢を意識する
  • 適度な運動、ストレッチを行う
  • ストレスをためない
  • 栄養バランスの良い食事をとり、適正な体重を維持する
  • 整体・整骨院での定期的な施術を受け、体のメンテナンスをする

日常生活でのケアが大切です。

がじゅまる鍼灸整骨院の腰痛治療

がじゅまる鍼灸整骨院では、ぎっくり腰の痛みの原因に対して、的確にアプローチします。

リラクゼーションや他院で感じたことのない痛気持ちいい手技です。

具体的な施術のメニューは

  • 骨盤矯正
  • パーソナルトレーニング
  • EMS
  • 鍼灸

など幅広いメニューで対応。

早期の改善を目指し、次のような特徴があります。

  • 揉むだけでなく、運動と組み合わせた施術
  • 簡単にできる自宅ケアのアドバイス
  • 腰だけでなく、身体全体からアプローチ
  • ひとりひとりに合わせたハイブリットな施術

ぎっくり腰が治らない原因に対して、根本的な改善を目指します。

ぎっくり腰でお困りの方は、「がじゅまる鍼灸整骨院」まで、ご相談ください。

まとめ:ぎっくり腰の治らない原因を根本的に解決するには、専門家への相談がおすすめ

ぎっくり腰を治すために、早めに病院や整体・整骨院などの専門家へ相談しましょう。

整体・整骨院では、ぎっくり腰が再発しないように身体作りもサポートします。

沖縄にお住まいの方は、「がじゅまる鍼灸整骨院」まで、お気軽にご相談ください。

今ならLINE登録で無料相談や、初回限定価格でご利用できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次